JPEN

 

私は作品制作において、再生をテーマとしています。
自然界を表す動植物や消費社会を象徴するノイズや人工物が混ざり合う世界を描いています。水彩画や写真、テクスチャなどで作り上げたモチーフをコラージュしていくことで、あらゆる事物が崩壊し溶けて混ざり合い、大きな潮流の中で循環していく様を表現しています。

 

多くの情報が飛び交う現代において、膨大な知識や技術、経験が国境や文化を越えて共有されつつあるように見えます。しかし、水面に浮かぶ油膜を掬うような表面的な行為だけでは、必ずしも本質には辿り着き得ないでしょう。過多な情報が供給されればされるほどに、むしろ真実からはますます遠ざかっていくのではないでしょうか。ノイズが深淵を覆い隠し、物事を熟思する力を蝕んでいるように思えてなりません。闇弱な消費は感覚を鈍らせ、生や死の輝きすらも曇らせます。

 

私は、あらゆるものは衰亡と再生のプロセスの中にあると考えています。その真価が見失われつつある今、わたしたち自身の手で、新たな神話を紡いでいかねばならない時が来たのではないでしょうか。

 

 

I create works with the theme of reincarnation.
I depict the world where they are mixed, such as noise and artifacts that symbolize consumer society, and animals and plants reminiscent of nature. Collaging motifs made with watercolors, pictures, textures, etc. expresses how various things collapse, blend, mix and circulate.

 

Vast knowledge, techniques and experiences seem to be being shared across the border and culture, in the present age where much information flies. However, it can not necessarily arrive at essence only by superficial actions such as scooping oil film floating on the water surface. Would not it be more and more far from the truth to the extent that excessive information is supplied? It seems that the noise envelops the abyss and is undermining the power to contemplate things. Poor consumption will blunt the senses and cloud the brightness of life and death.

 

I believe that everything lies in the principle of decay and regeneration. Now that the real value is losing sight, it seems that the time has come when we have to weave new myths with our own hands.