未来の廃墟

愛知県岡崎市のMasayoshi Suzuki Galleryにて開催されるグループ展に出展します。

 

「未来の廃墟/Ruins of the future」
[出品作家]
水野シゲユキ/小川昌男/池原悠太

2019年1月26日(土)~2月18日(月)
開廊時間/ 12:00 – 19:00[毎週 火・水曜日休廊]

建築家「磯崎新(いそざきあらた)」は「未来は廃墟である」といっています。それは未来に対して楽天的な視点しかあり得ない考えに対して疑問を投げかけるもので、ただの破壊主義的な考えではなく、あまりにも楽間的な考えに対し、もっと深く現在と未来を自覚し、考えていかなくてはいけないという問題定義です。「廃墟」という概念は「かつてあった事実の断片を確認して伝える」という事を意味し、「未来の廃墟」は避けることのできない消滅の運命をもイメージします。
1970 年の大阪万博がテー マとした「輝ける未来」という夢は、ただの幻想ではなかったのだろうか? そして今、東日本大震災を経験し開催される東京オリンピックや大阪万博は、はたして本当に輝しい未来への希望になり得るのか? 今や日本を代表するポップカルチャー( マンガやアニメ) では常に世界や人類の終末、廃墟、破壊の風景を描き続け、人類の愚かさや社会の未来を 私達に自覚させてくれました。私達は、もしかしたら、もはや「未来の廃墟」からこそしか、本当の希望を見つけ出す事ができないのではないでしょうか?

http://www.masayoshisuzukigallery.com/press/exhibitions.html