北欧滞在折り返し

トゥルク滞在もいよいよ折り返し。

11/1からオープンスタジオを開催しています。

フィンランド滞在中に撮り集めた写真や、図書館で集めた資料などを取り入れ、11/15からの展覧会に向けて作品制作に取り組んでいます。

Half of our stay in Turku has passed.

We are holding an open studio from November 1.

I take photographs taken during my stay in Finland and materials gathered in the library, and I am working on creating works for exhibitions starting from November 15.

前回の記事から今日まで、美術館やギャラリーを巡り現地の美術作品に触れてきました。

特に印象深かったのはアテネウム美術館で、近代絵画の牧歌的な風景画にとても心惹かれました。

その土地の空気感や自然からもたらされたものが、作品に強く反映されていることを感じ取ることができました。

From the last post to today, I went around the museums and galleries to appreciate local art works.

It was particularly impressive at Atheneum Art Museum, and I was very attracted by pastoral landscape paintings of modern paintings.

I felt something brought about from the atmosphere and nature of the land strongly reflected in the work.

その空気感をどうにか自作のヴィジュアルの中に落とし込みたく、あちこちの風景を眺めて見たり、しばらく図書館で資料を漁ってみたりという日を過ごしていました。

I wanted to drop them into my own visual, so I watched the scenery around here and looked at the materials in the library for a while.

先月末には北極圏のサーリセルカまで遠征し、フィンランド北部の透き通る冷たさと澄んだ空気を肌で感じてきました。

二泊三日の短期滞在でしたが、雪と氷と日差しがつくる風景が本当に美しく、過日訪れたアテネウム美術館で目にした作品が脳裏に浮かびました。

At the end of last month, I went to Saariselka in the Arctic Circle and I felt the clear coldness and clear atmosphere of northern Finland with my skin.

Although it was a short stay of two nights and three days, the scenery of snow and ice and sunshine was really beautiful, and the work that I saw at the Ateneum Art Museum visited in the day came to my mind.

ちなみに、残念ながらオーロラを観測することはできませんでしたが、後日なんとトゥルクの街中でお目にかかることができました!

By the way, unfortunately we could not observe the Northern lights, but we could see at a later date in the city of Turku!

そういった現地の風土が生み出した作品がもう一つ。カレワラ叙事詩です。

フィンランド全土に語り継がれていた神話や民話、伝承、詩歌が編纂されたもので、フィンランド独立においてアイデンティティの礎ともなった作品だそうです。

There is another work created by the local climate. It is an ethnic epic called Kalevala.

Kalevala is a work compiled of myths, folktales and poetry which was handed down to Finland, and it seems to be a work which became the cornerstone of identity in Finland independence.

あいにく図書館で借りた資料からはなかなか読み取りが困難で、また帰国時に日本語訳資料も集めてみたいと思っています。

フィンランド讃歌を聴きながらこの作品を見ていると、短いながらもこの滞在期間に目にして来たものと通じるものを感じます。

Unfortunately it is difficult to read from the materials borrowed from the library, and I would like to collect Japanese translation materials at the time of my return.

When I listen to Finnish hymns and appreciate this work, I feel something that is familiar to what I have noticed during this stay, even though it is short.

これまでに蓄積して来た経験を、11/15からの発表作品に投影したいと思います。

I am thinking to reflect accumulated experience in artwork.